旅行業約款・条件書・旅行業務取扱料金表
JALダイナミックパッケージ(国内)旅行条件書
6.「旅程表」(確定書面)の交付
(1) 当社は、旅行日程、主要な利用運送・宿泊機関等に関する確定旅行内容を契約書面において記載できない場合は、確定状況を記載した「旅程表」を遅くとも旅行開始日の前日までにお客さまに交付します。ただし、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって7日目にあたる日以降に契約のお申し込みがなされた場合には、旅行開始日当日までに交付します(契約書面に旅行開始日の前日から起算してさかのぼって7日目にあたる日以降に契約のお申し込みが可能である旨が記載された旅行に限ります)。また、交付期日前であってもお問い合わせいただければ手配状況についてご説明します。
(2) 当社は、あらかじめお客さまの承諾を得て、本項(1)の契約書面(本書面が契約締結前における取引条件説明書面として交付される場合を含む)又は本項(1)の「旅程表」の交付に代えて、これらの書面に記載すべき事項(以下「記載事項」という)をホームページ上への表示等IT技術を利用して提供したときは、これらの書面を交付したものとみなし、お客さまの使用するパソコン等の通信機器に備えられたファイルに記載事項が記録されたことを確認します。また、お客さまの使用する通信機器にファイルが備えられていないときは、当社の通信機器に記載事項を記録し、お客さまが記載事項を閲覧したことを確認します。なお、当社の業務上の都合により、本項のお取り扱いをしない場合があります。
(3) 本項(1)の「旅程表」は、第20項(1)のクーポン類とともに、お客さまが旅行サービスを受けるために必要な書面としてもご使用いただきます。
7.旅行代金
(1) 「旅行代金」(募集広告、ホームページの価格表示欄(以下「価格表示欄」という)に「旅行代金として表示した金額」)は、特に注釈のない限り、旅行開始日を基準として年齢が満12歳以上の方はおとな旅行代金、満3歳以上12歳未満の方はこども旅行代金となります。ただし、旅行開始日に2歳のお子様がご旅行中に3歳のお誕生日を迎えられる場合は、復路搭乗日に有効な商品をお買い求めください。
(2) 旅行代金におとな・こどもの区分表示がない場合は、満3歳以上の全ての方に当該旅行代金を適用します。
(3) 旅行代金は、各プランごとに表示しています。出発日と利用人数でご確認ください。
(4) 「追加代金」(価格表示欄に「追加代金として表示した金額」)とは、航空便の選択、航空機の等級の選択、宿泊施設指定の選択、延泊等による宿泊代金等、基本代金に追加する旅行代金をいいます。
(5) 「お支払い旅行代金」(「旅行代金」と「追加代金」の合計額)が第15項の「取消料」、第14項(1)の「違約料」及び第24項の「変更補償金」の額の算出の際の基準となります。
8.旅行代金に含まれるもの
(1) ホームページの旅行日程に明示した次に掲げるものが含まれます。
@運送機関の運賃・料金(注釈のない限り航空機及び鉄道は普通席)
A旅客施設使用料(空港により必要な場合)
B宿泊、食事の料金及び税・サービス料金
C旅行代金に含まれる旨を明示した観光に伴う入場料金及びガイド料金
D添乗員が同行するプランの添乗員経費等
Eその他「旅行代金に含まれるもの」として明示した費用
(2) 本項(1)の代金は、お客さまのご都合により一部ご利用されなくても払い戻しはいたしません。
9.旅行代金に含まれないもの
第8項のほかは旅行代金に含まれません。その一部を例示します。
 
@超過手荷物料金(規定の重量、容積、個数を超える分について)
A旅行日程に含まれていない交通費、飲食代等の諸費用及びクリーニング代、電話料等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サービス料
B「お客さま負担」等旅行代金に含まれていない旨を明示した観光に伴う入場料金等
Cご希望者のみがご参加されるオプションの代金
D傷害、疾病に関する医療費
10.契約内容の変更
当社は、契約の締結後であっても、天災地変、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命令、当初の運行計画によらない運送サービスの提供(遅延、目的地空港の変更等)その他の当社の関与し得ない事由が生じた場合において、旅行の安全かつ円滑な実施を図るためやむを得ないときは、お客さまにあらかじめ速やかに当該事由が関与し得ないものである理由及び当該事由との因果関係を説明して、旅行日程、旅行サービスの内容その他の契約の内容を変更することがあります。ただし、緊急の場合において、やむを得ないときは、変更後に説明します。
11.旅行代金の額の変更
(1) 当社は、利用する運送機関の運賃・料金が、著しい経済情勢の変化等により、通常想定される程度を大幅に越えて増額又は減額されるときは、その増減の範囲内で旅行代金を変更することがあります。
(2) 本項(1)により旅行代金を増額するときは、当社は、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって16日前までにお客さまに通知します。
(3) 本項(1)により旅行代金を減額するときは、運賃・料金の減少額だけ旅行代金を減額します。
(4) 第10項に基づく旅行内容の変更により、旅行の実施に要する費用(当該変更により提供を受けなかった旅行サービスに対する取消料、違約料その他既に支払い、又はこれから支払わなければならない費用を含みます)に増額又は減額が生じる場合には、当社は、その差額だけ旅行代金を変更することがあります。ただし、増額の場合においては、運送・宿泊機関等が当該旅行サービスの提供を行っているにもかかわらず、運送・宿泊機関等の座席、部屋その他の諸設備の不足が発生したことによる場合を除きます。
12.お客さまの交替
お客さまの交替は受け付けておりません。また、お名前の訂正についても一旦予約したツアーの取消しの後、再度新規でご予約となります。
13.お客さまによる契約の解除(旅行開始前)
(1) お客さまは、いつでも第15 項に定める取消料を当社に支払って契約を解除することができます。ただし、契約解除のお申し出の受付は、当社の営業時間内とします(営業時間終了後に受信したEメールは、翌営業日の受付となります)。通信契約を解除する場合、当社は、提携会社のカードにより所定の伝票への会員の署名なくして取消料の支払いを受けます。
(2) お客さまは、次に掲げる場合は本項(1)の規定にかかわらず、旅行開始前に取消料を支払うことなく契約を解除することができます。
@当社によって契約内容が変更されたとき。ただし、その変更が第24項の表A左欄に掲げるものその他重要なものであるときに限ります。
A第11項(2)の規定に基づいて旅行代金が増額されたとき。
B天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命令その他の事由が生じた場合において、旅行の安全かつ円滑な実施が不可能となり、又は不可能となるおそれが極めて大きいとき。
C当社がお客さまに対し、第6項(1)の期日までに、「旅程表」を交付しなかったとき。
D当社の責に帰すべき事由により、契約書面に記載した旅行日程に従った旅行の実施が不可能となったとき。
14.当社による契約の解除(旅行開始前)
(1) お客さまが期日までに旅行代金を支払われないときは、当社は、その翌日においてお客さまが契約を解除したものとすることがあります。この場合、取消料と同額の違約料をお支払いいただきます。
(2) 当社は、次に掲げる場合、お客さまに理由を説明して契約を解除することがあります。
@お客さまが当社のあらかじめ明示した性別、年齢、資格、技能その他旅行参加条件を満たしていないことが判明したとき。
Aお客さまが病気、必要な介助者の不在その他の事由により、当該旅行に耐えられないと認められるとき。
Bお客さまが他のお客さまに迷惑を及ぼし、又は団体行動の円滑な実施を妨げるおそれがあると認められるとき。
Cお客さまが契約内容に関し合理的な範囲を超える負担を求めたとき。
Dお客さまの人数が契約書面に記載した最少催行人員に満たないとき。この場合は、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって14日前までに(日帰り旅行は4日前までに)、旅行を中止する旨をお客さまに通知します。
Eスキーを目的とする旅行における降雪量の不足のように、当社があらかじめ明示した旅行実施条件が成就しないとき、あるいはそのおそれが極めて大きいとき。
F天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービスの提供の中止、官公署の命令その他の当社の関与し得ない事由が生じた場合において、契約書面に記載した旅行日程に従った旅行の安全かつ円滑な実施が不可能となり、又は不可能となるおそれが極めて大きいとき。
Gお客さまが暴力団、暴力団員、暴力団関係者、その他反社会的勢力であると判明した場合は、ご参加をお断りする場合があります。
(3) 当社は、本項(2)により契約を解除したときは、既に収受している旅行代金の全額をお客さまに払い戻します。